引越し キャンセル

引越しとキャンセル

引越し キャンセル

 

例えば急病による入院や急な海外出張などで、引越しをどうしてもキャンセルしなければならないことがあります。
自分ではどうしようもないことですね。

 

引越しの予約をキャンセルするとき、一番気になるのは何日前からそしてキャンセル料はいくら必要になるのかということではないでしょうか?

 

引越し業者のキャンセル料に関しては国土交通省が作った「標準引越運送約款」の第二十一条に書かれています。
要約すると、以下のような記載があります。

 

・キャンセルがお客様の都合によるものであること。

 

・キャンセル料は引越し前日か当日のキャンセルのみ請求できる。

 

・引越し前日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の10%以内。

 

・引越し当日のキャンセル料の金額は、見積書に記載した運賃の20%以内。

 

・すでに実施したり着手したサービスについては、費用を請求することができる。
※ダンボールなどを使った場合は、ダンボール代を請求できるということです。

 

これを見る限りキャンセル料がかかるのは引越しの前日からになります。
引越しを依頼した方としてはありがたいですが、引越し業者にはかなり厳しい基準だと思います。

 

もし引越しをキャンセルするのであれば、できるだけ早めに伝えてあげてください。
引越日までの時間に余裕があれば、他のお客さんの予約を受付することができるかもしれないからです。

 

この「標準引越運送約款」は引越し業者には不評で、いずれ改訂されることも考えられます。

 

ですから、引越し業者と交わした契約書の中の「キャンセルについて」の項目には必ず目を通しておきましょう。

トップページ > 引っ越し見積もりの注意点と上手な引っ越しの手順