引っ越し 見積もり 注意

引っ越し 見積もり

 

引越しでは欠かせない見積もりですが、実は引越し業者とのトラブルも多いのです。
見積もりの時にトラブルにならないために、上手な手順と注意点をまとめてみました。

 

 

<引越し手順>

 

@新居の住所が決まったら、引越し業者に見積もりを依頼する。
引越し費用を安くしたいなら、一括見積もりサイトで同時に複数の引越し業者からの見積もりを取って比較します。

 

A引越し業者を決めたら、ダンボールをもらいましょう。
見積もりの段階で無理矢理ダンボールを置いていこうとする業者がありますが、使わなければ引き取ってもらえます。

 

B引越し日までに荷造りしましょう。
不用品は引き取ってもらうのにお金がかかりますので、ゴミの収集日にこまめに捨てましょう。

 

C役所に提出する書類(転出届など)は引越し2週間前から受付可能です。

 

D電気・ガス・水道・電話会社に連絡し、停止してもらう日を伝えましょう。
ガスを止めるには立ち合いが必要です。来てもらう時間を決めて場合によってはその場で精算します。

 

E大家さんやご近所さんへのあいさつは早めに済ませておきましょう。
引越し当日までに、「ご迷惑をおかけします。」と伝えておくと相手も悪い気はしません。

 

F引越し当日は引越し業者におまかせです。
家具家電の配置場所やダンボールの置き場所を決めておくと、荷解きがスムーズです。

 

G引越し後2週間以内に転入届や転居届の提出、健康保険や国民年金の住所変更などを行いましょう。
他にも銀行や郵便局のキャッシュカード、運転免許証などの住所変更もお忘れなく。

 

H郵便局に行って住所変更をお願いすれば1年間は前住所に届いた郵便物を転送してくれます
その間に「引越ししました」ハガキやメールを友人知人に連絡しましょう。

 

=>引越し業者の一括見積もりでもっと安く引っ越ししましょう!

引っ越し 見積もり 注意点

 

どんなに準備しても引越しにトラブルはつきものです。
でもどんなトラブルが多いのかどうすればいいのかを知っていくだけで、気持ちがだいぶ違います。

 

<引越し時に多いトラブル>

@引越し当日、見積もりの時より荷物が多くて入らない。
引越し費用を少なくしようとして見積もりの時に荷物を少なく申告すると、当日用意されたトラックに入りきらず、2回運んでもらったり大きなトラックに変えてもらわなければならないなど時間のロスが発生する上に、追加料金がかかることがあります。
荷物の量は正直に、また荷造りの際に多いなと感じたら早めに引越し業者に連絡しましょう
A新居の玄関から家財が入らない。
大きな家財があって新居の玄関や廊下、階段から運ぶのが無理かもと感じたら、早めに相談しましょう。
ベランダからクレーンを使って釣り上げるなどの設備が必要な場合があります。

 

B引越し業者が約束の時間より大幅に遅れてきた。
引越しは当日にならないとわからないことが多いのです。大雨かもしれませんし、事故渋滞があるかもしれません。
約束の時間に来てほしいなら、料金はちょっと高めになりますが午前便を指定しましょう。
午後便は確実な時間が約束できませんが、料金が安くなりますので「今日中に引越しできればいいや。」というくらいの余裕が必要です。
C壊されたくない貴重品や高級品は自分で運びましょう。
引越しは流れ作業で行われます。注意していてもうっかり破損ということもありますので、大切なものは自分で運ぶようにしましょう。
また、パソコンを運ぶときはデーターのバックアップを必ずしておきましょう。

 

いかがですか?
引越しは大変ですが、新しい生活を気持ち良くスタートするにはいろいろな準備が必要です。頑張ってください!

 

=>格安で引っ越しがしたいなら、引越し業者の一括見積もりでサービスを比較!

 

 

 

引越し 冷蔵庫 家電 運送 冷蔵庫 引っ越し 冷蔵庫 引越し 単身 安い 引越し業者