引っ越し 見積もり 注意

引っ越し見積もりの注意点

引っ越し 見積もり

引越し 見積もり 注意

引っ越し 見積もり 注意点

引っ越し 見積もり 手順

引っ越し 見積もり 相場

 

引越し料金の見積もりが知りたいと思いませんか?

 

インターネットをいろいろ調べても、あなたと同じ条件の人を見つけることは難しいでしょう。

 

あなた自身の引越し費用の相場を知りたいなら、複数の引っ越し業者から見積もりを取るのが1番の近道です。

 

今は引っ越し業者一括見積もりが出来ますので、簡単に料金相場も最安値もわかりますよ。

 

引越し一括見積もりはこちら

 

 

料金が安い業者やサービスの良い業者は、どんどん予約が埋まります。
引っ越しが決まって新居が決まったら、なるべく早く引越し業者一括見積もりをして、予約をしましょう。

 

引っ越し希望日というのは、土日祝日・月末・午前中・大安などに集中します。
そして特に春先は新生活が始まる人が多いので、引っ越し繁忙期となります。

 

少しでも安く引っ越ししたいなら、早めに新居と引っ越し日を決めて見積もりを取りましょう!

 

 

引越しの大まかな手順
@新居が決まったらすぐに引っ越し業者を見積もる
A引っ越し日までに、荷物の梱包と不用品の処理
B2週間前までに、転出届や電気・ガス・水道会社に連絡。郵便局にも住所変更届。
C引っ越し当日は、業者におまかせ。家具の配置などを指示。近所にごあいさつ。
D2週間以内に転入届けを提出、その他健康保険や運転免許証、銀行などの住所変更。

 

 

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり

ズバット引越し

安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

 

引越し費用と繁忙期

 

引越し費用繁忙期

 

引越しには繁忙期があります。
1年で最も忙しい繁忙期には、引越し業者もスタッフを増員したり一日にまわる件数を調整するなどして多くの仕事をこなすのですが、それでも到底及びません。

 

それもそのはず、受験を終えた新大学生や就職活動を終えた新社会人が新学期に備えて一斉に引越しをするのです。
さらに4月は転勤の時期でもあり、サラリーマン一家の引越しも多い時期なのです。

 

これらの引越しが一度に行われる3月が繁忙期です。
この時期にどうしても引越ししなければならないなら、新居が決まった時点で引越し業者に見積もりを取ることをオススメします。

 

のんびりしていると安くて評判の良い引越し業者には空きがなくなったり、最悪どこの引越し業者にも断られるケースもあるのです。
繁忙期は時間との戦いですから、早めに引越し業者をおさえて契約しておいてくださいね。

 

繁忙期でも引越し料金に差はありますから、やはり1社だけでなく複数の引越し業者から見積もりを取って比較してください。

 

 

引越しで入居する前にしておくこと

 

単身であっても新居に入居する手続きにあたって、挨拶をしたりするのはもちろんですが、いくつか比較したり調べておかなければならないことがあります。
チェックリストにしたがって金額を確かめつつ、激安にしてきたと思いますが、ここで気を吐いては荷造りの苦労も無駄になってしまうかもしれないので、時間をとって段取り良くしっかりとした選び方をしましょう。

 

 

引越しのあいさつのタイミング

 

引越し時期と費用

 

引越しの時に挨拶に行かれますか?
新生活を気持ちよく始めるためにも、ご近所への挨拶はしたほうが良いです。

 

ではどのタイミングで行けばいいのでしょうか?

 

引越ししたらその日か遅くても翌日までにはご近所へ挨拶に行きましょう。
そんなに早く?と驚かれるかもしれませんが、遅くなればなるほど廊下や道路でバッタリ会ってしまい挨拶に行くタイミングを失うからです。
引越し当日は忙しいですが、すこしの合間を縫って挨拶に行きましょう。

 

手ぶらで行く方もいますが、お互いに初対面ですから手土産があったほうが印象が良いし行きやすいです。
500〜1000円程度のお菓子、お茶、洗剤、タオルなどの消耗品が喜ばれます。
できれば熨斗に「御挨拶」と書いて自分の名前を書いて渡すといいですね。

 

さて挨拶に行くと言っても、どこのお宅まで行けばいいのでしょうか?

 

一戸建ては昔から「向こう3軒両隣」という言葉があるように、自分の家の両隣と向かいの家、さらにその両隣に挨拶します。
あと戸建ての場合はゴミ捨てや地域のお祭りへの参加など、マンションなどと異なる点も多く自治会への加入が必要だったりします。
できれば自治会長さんにもご挨拶しておくといいかと思います。

 

マンションやアパートの場合は、上下左右の部屋の方にあいさつしましょう。
集合住宅の生活音はお互いに響きますので、少しでもイメージアップをしておきたいですね。 

 

 

まず確認

まずは新居にダンボールなど何も入っていない状態で床や壁の傷を確認、写真に収めておきましょう。
大きな傷は特に注意が必要です。あなたがつけた傷ではないこと、もともとあった傷であることを証明できないと、退去時に敷金が返ってこない可能性があります。
それと設備の確認もしておきましょう。壊れている棚がある、水がでない、シャワーが出ないなど入居してからではなかなか不便なので、先に確認しておくと安心です。
そして意外と多いのが洗濯機など大型家電が通れるかどうかです。日本の物件は玄関が狭く最近人気の大型家電が通らない作りの物件も多々あります。ドラム式洗濯機などは思っているよりも重く大きいですから、洗濯置き場に入らないこともあります。玄関の広さ、洗面所の広さ、廊下の幅などにご注意ください。

 

あと意外と見落としがちなのが、テレビやエアコンのコンセントと電話のコンセントです。これらは他のコンセントと違って変えられませんので、おのずとテレビや電話を置く位置が決まってしまいます。どこになんの家具を置くのかシュミレーションしておくことで、当日スムーズに引越しできると思います。口コミでは確認できないようなポイントもありますので、値段だけでなくひつこしの準備をしっかりとして、平均よりもオトクな引越し屋さんにたのみましょう。

 

 

引越し業者の選び方が独特

引越しの見積もり

引越し業者はとてもたくさんあるので、住んでいるエリアによって会社が違ってきます。一社一社の評判や口コミをWEBで調べていたら日が暮れていしまいますね。

 

大体の目安がホームページにかいてあれば、引越し代金を確認出来ると思いますが、なかなかないですよね。

 

どの会社が良いところなのかはインターネットには載っていません。苦情や批判はいっぱいのっていますね。だから、参考にならないんです。

 

まず、業者を決めるときに最初に荷物の量で一括見積りを取り寄せます。そしてランキングで激安なところから評判をチェックするという方法が今の主流となっています。平均的な値段よりもおまかせで格安にすることも可能になってきます。安心できる業者揃っているところもよいサービスであるなあと思います。

 

エアコンの取外しや大型の家具の数などの入力項目を順番に画像に沿って入れていくだけなので意外に簡単と思うかもしれません。準備のチェックリストもあったりするので転居にはとても強い味方になってくれます。

 

ネットを使って大手から中小の会社から見積りがとれるので時間がない人にも手続がすぐにできて激安にすることができます。

 

いつからいつまでに引っ越しの手配をするのか雨の季節だと早めにしないといけないということも確認です。訪問見積りも希望すれば、無料で行ってくれます。キャンペーンでおとくな時期を狙ってみるのいいですね。

 

日通に訪問見積もりがあったかどうかははわかりませんが、引っ越すときはできるだけたくさんやることを決めてしまって、めんどくさいと思うようなことから進めていくと後々楽に運ぶことができるコツです。シーズンによって味もつの運び方まで考えて積み忘れがないようにストレスを溜めないでらくらく引越出来ることが理想です。
全部おまかせで依頼すると忘れがちな養生までやってくれるので自分はゆっくり引越しそばをたべるだけというのが楽でいいですね。家族が多い人だとすべて依頼すると高額になってしまうので、出来る部分は自分でダンボールに詰めて大きなタンスや冷蔵庫などを先に運んでもらうようにするといいですね。最近ではハンガーラックやシューズボックスもあって簡単に運ぶ工夫を各社やっているのでメリットが大きいと思います。

 

毛布の使い方は圧巻です。冷蔵庫が滑って移動しますから。

 

不用品の回収や部屋の掃除はできるだけ早く疲れたときにやらないようにしましょう。リサイクル、燃えるゴミ、燃えないごみなど何日にやらなくてはいけないか前も手準備しておくとスムーズに進みます。友達に手伝ってもらう場合もタイミングと手順、日程を決めておくと日数が少なくてもうまくいきます。

 

 

 

こちらからもどうぞ
家電 運送